クラウドファンディングと特許出願

特許を取得するための最も基本的な条件は

「出願書類に記載した発明が特許出願日にまだ誰にも知られていないこと」

です

 

これを「新規性」といいます

 

「誰にも」とは言っても 守秘義務がある人は除きますので

守秘義務のない人に発明の中身を知られてしまうと

原則として、その発明については特許を取得することができなくなります

 

この「新規性」との関係で

最近 お客様からの相談で気になっているのは

 

「クラウンドファンディング」

 

です

 

インターネットを利用して

これからスタートさせる新たなビジネスプランを発表し

そこに広く出資者を募るという資金集めの手法です

 

判らないからないものに対して誰も投資したくありませんから

クラウンドファンディングでは考えているビジネスプランのツボを説明することが必須です

例えば デザイン性や機能性に優れた新商品の開発・販売を考えているのであれば

ある程度はデザインや機能のコンセプトをインターネット上で発表する必要があるでしょう

 

でも そのビジネスプランの中で特許を取得したい内容が発表に含まれていると

その時点で「新規性」は失われてしまうので

特許の取得はピンチになります

 

かといって資金が集まるまでは開発も進展しないので

あまり早い段階で特許出願をすると

その中身は着想ばかりで具体性に乏しくなってしまいます

その結果 特許出願の審査に耐え切れず

十分な広さの権利範囲を有する特許を取得できないことも考えられます

 

資金集めのための発表タイミングと特許出願のタイミングをどうすればよいのか

これは非常に悩ましい問題です

 

いずれにしても

クラウドファンデイングを開始する前の早い段階で

特許等の知的財産権を良く知る専門家「弁理士」に相談するのがベストです

 

ビジネスプランの概要を説明し

特許出願のタイミングやクラウドファンディングにおける発表の範囲について

アドバイスしてもらえば

その後のビジネスプランを安心して進められます

 

横浜関内の特許事務所
アイディール国際特許事務所

Facebookはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村