NPO法人 Spitzen Performance 様

NPO法人 Spitzen Performance 代表 多田 久剛 様
商標第5908983号

 

1.商標を出願しようと思われたきっかけは?

「チャレンジドチア」という言葉とその言葉が持つエネルギーを多くの方に正しく使って頂きたくて出願しようと思いました。

2.アイディール国際特許事務所に相談された理由あるいはきっかけは?

神奈川中小企業家同友会の相模原支部長さんにご紹介されました

3.弁理士による説明・ご提案(手続の流れ・費用 etc.)はいかがでしたか?

商標登録に対して全く無知の私にでも非常に判り易く説明していただき、本当に助かりました。

4.実際に商標登録証を手にしていかがですか?

身の引き締まる思いです。多くの皆様に正しく使って頂けるよう今後も今の活動を続けたい。

5.その他(どんなことでも結構ですので、ご意見・ご感想をお聞かせください。)

どんな心配事が起こるか想像もできません。でもアイディール国際特許事務所と井出さんがいるので心配していません。

弁理士井出よりひとこと

スピッツェン・パフォーマンス様は、スポーツやトレーニングを通じた地域の活性化、スポーツ振興の発展を目的として、子供たち、障がい者及び高齢者などに対してトレーニング指導等のスポーツ関連事業を行っています。

プロ野球チームのトレーナー経歴もお持ちの代表/多田さんは、アメリカで目にした障がいを持つ子供たちによるチア演技に感動され、日本でも障がいを持つ多くの子ども達に達成感を味わってほしい、笑顔になってほしいとの想いから、「チャレンジドチア」の名称で障がい者の子供たちによるチア演技のプロジェクトに取り組まれています。

多田さんによれば、登録された「チャレンジドチア」の名称を独占するというのではなく、同じ想いの方々と「チャレンジドチア」を共有し、その旗の下で活動を盛り上げていきたい、とのことでした。

今回の商標登録は、思い描いた共通の未来像に向けて多くの人々が真っ直ぐ進むために掲げられた旗印であり、理念経営のシンボルであると言えそうです。

私たちは、スピッツェン・パフォーマンス様の理念に共感し、これからも知的財産の分野でサポートしていきます。

スピッツェン・パフォーマンス様のホームページ
http://spitzen-performance.jp/index.html

 

〔お客様の声〕に戻る>>